今日のテーマはSDGs!地球環境や社会をより良く持続させていくために欠かせない17の目標のうち、サンリーグループが重点目標として掲げている3項目についてお話を伺ってみます! 

(プロフィール) 
(写真右) 
田中 友規(Tanaka Yuki) 
石川高専の建築学科を卒業後、施工管理会社に就職。2015年にサンリーホームに転職し、建物管理建築部で主任チームリーダーを務めたのち2021年秋の事業拡大を機にサンリーハウスへ異動。セミオーダー住宅事業を統括する工事長となる。 

(写真中央) 
片倉 陽子(Katakura Yoko) 
2022年2月に大生地建入社。前職は不動産会社にて土地や建物の買取事業についていた。現在はサントレ事業の主担当として、石川県内の幅広いエリアで買取事業を進めている。趣味は韓国ドラマの鑑賞。 

(写真左) 
秋山 裕之(Akiyama Hiroyuki) 
ホテル勤務を経て、2022年2月にサンリーホーム入社。売買営業課に所属。趣味は読書と料理。 

 

誰かの幸せを支える実感!「働きがいも経済成長も」。

ーー今日はサンリーグループの中から3名の社員様にお集まりいただきまして、皆さんが今されているお仕事とSDGsの関わりについてお話いただきたいと思っております。よろしくお願いします。サンリーグループでは、「8. 働きがいも経済成長も」「11. 住み続けられるまちづくりを」「12. つくる責任、つかう責任」の3項目を重点目標として宣言されていますよね。まずは8番目「働きがいも経済成長も」のところで、皆さんそれぞれの働きがいをお聞きしたいと思います。

田中さん:私は現場監督ですので、現場が段取り良くスムーズに進んでいる時や、完成した時はやはり嬉しいです。でもそれ以上に、自分が建てた家でお客さまが実際に暮らしている様子を見た時に大きなやりがいを感じます。 

ーー実際に見る機会って、結構あるんですか?

田中さん:いや、残念ながら機会は滅多にないんですけどね(笑)。でもたまにメンテナンスや修繕でお邪魔する際に、家具が置かれて、そこにお客さまが居られてという風景を見ると「ここに生活があるなぁ」と感じられて嬉しくなります。暮らしの様子を見ることで、次にまた建物を作る時に「こういうふうに建てたら喜んでもらえるのでは」という想像ができるので、大事な機会だと思いますね。 

片倉さん:私のやりがいも、売れた瞬間より、その後で「この家を買って本当に良かったです」とお客様にしみじみと言ってもらえることですね。「この家にしてよかったねっていつも家族と話しているんです」なんて言ってもらうととても嬉しくて。 

秋山さん:家という大きな買い物でお客様に満足していただけるのは、本当に嬉しいですよね。お二人に比べて私のやりがいは非常にささやかですが、お客様からLINEで早朝や夜にお問合せが来ると「あぁ、こんなに朝早くから物件について考えてくれていたんだ」と嬉しい気持ちになります。ある意味、お客様にとってそういう時間に気軽に連絡を取ろうと思えるほど、お客様の中で私が身近な存在になれているんだなと思えるのが嬉しいんです。 

ーー勤務時間外に連絡が来ているわけですが、大変じゃないんですか?

秋山さん:いえいえ、ちっとも。LINEでの連絡ですと私もいつでも対応できますし、お客様にもやりとりしやすいと思っていただけていれば嬉しいですね。
たとえば勤務時間外に「こんな物件ないですか?」って連絡がきて、そこからパソコン開いて物件を探しながら1時間くらいやりとりしたこともありますよ。お客様にとってはご自身の仕事が終わって家に帰られて、それから家族と家について話して、その中で気になることが出てきたら営業に質問してみようという流れなので、遅い時間になるのも自然なことなんです。「遅い時間に申し訳ないです」とお客様はおっしゃいますが、「全然そんなことないです、いつでもご連絡ください」とお返ししています。それでお客様に貢献できるのなら、それが私のやりがいです。 

ーー秋山さん、営業の鏡のような方ですね……。実際お客様は助かると思いますし、大きい買い物だからこそ秋山さんみたいに親身になってくれる人から買いたいと思うでしょうね。

 

いい家を建てることが、人を動かし街をつくる。「住み続けられるまちづくりを」。

ーー次に参りましょう。11番目の目標「住み続けられるまちづくりを」もサンリーグループの事業と密接に関わるところだと思うのですが、いかがでしょうか?

田中さん:私が建てているのは一軒一軒の家やアパートですが、魅力的な住まいを増やすことを通じて人が流入してきて、街そのものが活性化していくのを肌で感じるんですね。たとえば街に新しい保育園ができたりすると、「あぁ、この街で子どもを産んで育てようという若い人が増えたんだなぁ」と嬉しくなります。もちろんこれはサンリーグループだけの成果ではなく、他事業者様との相乗効果ではありますが、自分の仕事は「まちづくり」の一環を担っているんだなぁという感慨があります。 

ーー保育園っていうのは非常にシンボリックですねぇ。人口が増え、街に未来が広がっていく。ちなみに、かなりの勢いでサンリーホームの物件が増えていく中で、配慮していることはありますか?

田中さん:その地区を丸ごとサンリーホームの分譲で埋め尽くすような計画だと逆に楽なんですが、既存の住宅街の一角に新しく建てるときは、近隣住民の方の日当たりを阻害しないことはとても心を砕いています。法的に考慮するのは当たり前で、できればそれ以上に。アパートのように大きいものを建てるときは難しいケースもありますが、必ず近隣の方には「どういうものが建つか」など丁寧にご説明して回っています。 

ーーなるほど〜。家が増えていくことをその地区の人が好意的に受け入れてくれることで、より良い「まちづくり」が進んでいくんでしょうね。では、片倉さんはいかがですか。「まちづくり」をしている意識に関して。

片倉さん:私の場合は、「そもそも住み続けたいと思ってもらえる家をつくれているか」というところは常に考えています。中古物件のリフォームでも、平家や小さい家であれば、次に住まれる方もご夫婦か単身か、あるいは親子二人かに大体絞れるので「こうしたら住み続けやすいだろうな」とリフォーム計画も立てやすいのですが、大きい家だと想像しきれない面もあるんです。そういう場合に、どういうリフォームをしておくのがいいか。毎回あれこれ悩みながらベストを探っています。 

ーーすごく大きい家だと二世帯とかが多そうなイメージですが、違うんですか?

片倉さん:最近、二世帯暮らし自体が少ないんですよね……。 

ーーた、確かに、周りでもそこまで多くないかも。

片倉さん:そうでしょう。それで実際に大きな家を買う人がどういう人かというと、意外とご夫婦二人だけで暮らす予定のこともあって。「こんなに大きいお家を二人だけでどんなふうに使うのかしら?」と思って聞いてみると、奥様がこれからお花の先生として活躍をしたいのだと、それで一階部分をお教室として使われるのだとわかり、なるほどなぁと思いました。 

ーー暮らしが多様化している、家の使い方も多様化しているという面はありそうですね。その中で共通点を見いだし、多くの人に好まれて使いやすい家をつくっていく片倉さんのお仕事、難しそうだけど面白そうです!秋山さんはいかがでしょうか。

秋山さん:私は営業としてお客様の生活や人生設計全般をお聞きする立場ですから、総合的に判断してどの物件なら長く住んでいただけるかを考えています。物件としておすすめしたいものはいくらでもありますが、お客様の職場からの距離や、お子様が通う予定の幼稚園からの距離、それからいずれ通うことになる小学校からの距離など、先々まで見越してどこがベストかを一緒に考えます。将来的なメリットやデメリットに「住む前に気づける」、これも重要なサービスだと思うので、私が気づける部分はいくらでも事前にお調べできればと思っています。 

ーー秋山さんは「物件」よりも「人」と「人生」に重きを置いて仕事を進めておられる印象ですね。ちなみに、住む前に気づいておきたいちょっとしたポイントって、たとえばどんなことがありますか?

田中さん:家の前の道まで除雪車は入るのか?などですね(笑)。 

ーーあ、めっちゃくちゃ重要!(笑)。そういう細かい話を事前に調べて教えてくれるのは助かります!

 

より長く快適に、安心して住める住まいを。「つくる責任、つかう責任」。

ーー最後に12番目、「つくる責任、つかう責任」。こちらについてはどうでしょうか?

田中さん:「つくる責任」……たとえばローコストでいい家をつくりたいと思ったら、お金のかけどころを考えないといけませんよね。お金をかけずに工夫できる最大のものが、「間取り」。家事動線を中心にそこは一番重要視して建てています。お金をかけるべきところは、構造の部分。耐震構造なんかはその最たるところです。 

ーー家を建てる「責任」って、そこに住む人の命を守る「責任」でもありますから、地震対策は重要ですね。

田中さん:はい。これまで建てた家やアパートも震度7に耐えられる構造で立てていますが、ここ最近の物件からはさらに「制震ダンパー」を採用していれています。これを入れると家の揺れを小さく抑えることができて、倒壊以前のちょっとした家の歪みやズレも抑えられ、繰り返しの地震にも強くなります。 

ーー構造がズレると機密性も落ちますからね……。

田中さん:そうなんですよ。総じて、建材については建てた後で取り替えにくいものはできるだけ質の良いものを使い、後からでも比較的簡単に取り替えの効くものにはあまり費用をかけない、という基準で建てていますね。窓のサッシやガラスは取り替えにくいものの一つなので、最初からかなり良いものを使っています。 

ーー売買営業として中古物件を扱われている秋山さんと片倉さんは、「つくる責任」と聞いて何か連想されることはありますか?

秋山さん:中古物件だと常に「メンテナンス費用」問題と背中合わせなんですね。売買の営業としては、できるだけ先々に必要になってくるリフォームも含めて細かくお調べして見積もりをお出しして、お客様が選択肢を持てるようにしています。お見積もりを見て、「え、将来的にこんなにかかるの!?だったら新築の方がいい!」と考えを変えられるお客様ももちろんいらっしゃいます。新築なら私はサンリーハウスの分譲が一番いいと思います(笑)。 

片倉さん:サンリーハウスの分譲、良いですよね。私が接しているお客様でも、お若い方だと特に、結局は新築を求められる方も多いです。子育ても仕事もこれからというタイミングですから、色々なシーンで便利な機能を発揮できる新築に住まれるというのは非常に良い選択だと思います。一方で、40代・50代のお客様だと、もう子育ても終わられて、家に求める機能が絞られているので「それを満たせる中古ならそれでいい」と比較的スムーズに中古物件に決められるお客様が多い印象です。自分の人生の残り30年をここでこんなふうに過ごせればそれでいいんだ、と。 

ーー希望が絞られている分、決めやすいところもありそうですね。

片倉さん:そうなんです。ただ、これまでも一軒家に住まれていて、古くなってきたからリフォームをと思い見積もりを取ったら「一千万以上かかる!?だったら新築の方がいい!」と相談に駆け込んで来られる方もいらっしゃいます。 

ーーなるほど、ケースバイケースですね。皆さんのお話を聞いていて思ったんですが、今のサンリーグループの体制ってどんなお客様にも「それならこちらを!」ってグループ内で提供できるものがありますよね。新築にも注文住宅と分譲があり、中古物件なら売るのも買うのもできて、もちろん賃貸もあって。SDGsに18番目の項目があるとすれば、「勧める責任」と言ったら良いのでしょうか。お客様にお勧めするからには本当に良いものを、という責任感を全体で貫いておられるように感じました。今日はありがとうございました!